全地航|全国地域航空システム推進協議会
ホーム > 業務案内 > 全地航の取り組み
  全地航の概要
  業務案内
 
活動状況
  全地航の取り組み
  ニュース
  会員一覧
  地域航空統計データ
  フォーラムシンポジウム
  関連諸団体リンク
  お問い合わせ
全地航のビジョン

地域航空の発展は、

●地域の利便性の確保による地域間交流の活性化
●地域の産業構造の高度化
●緊急時におけ新しい航空需要への対応

などへの寄与が期待でき、地域振興における有効な高速交通手段と考えています。
 この地域航空の運営、とりわけコミューター航空(ヘリコミューター航空を含む)路線については、航空自由化という大きな潮流の中で、航空運送事業者の創意工夫と経営判断による運営が基本となりますが、大型航空機が就航する幹線等の路線に比べ、コストが割高であることなどの要因から、経営の維持は厳しいとの見方もあります。
 こういった状況に対して、長期的視野に立って路線の維持・確保を図るため、下図に示すように国や地方公共団体により地域の特性に応じた様々な支援施策が講じられています。
 今後の航空旅客輸送は、小型航空機で地域間をきめ細かく結ぶ「少量多頻型」に移行することが予想され、航空機のダウンサイジンクによる航空ネットワークの構築は、コミューター航空の発展に結びついていくものといえます。
 将来にわたって、このような地域航空の維持・発展を図っていくためには、国・地方公共団体・航空運送事業者等がそれぞれの役割に応じた取り組みを的確に進めていく必要があり、全地航としても、これらの動きに対応しながら事業活動に取り組んでいきます。

(注) これらの支援施策は、特定の航空運送業者を対象として実施しているもので、すべての航空運送業者に対するものではありません。